該当者は早めに検査を|プロの目が鋭く光る|弁護士に依頼して過払い金の請求手続きをしよう

プロの目が鋭く光る|弁護士に依頼して過払い金の請求手続きをしよう

女性

該当者は早めに検査を

男性

集団予防接種で感染

B型肝炎は性交渉などでも感染しますが、多いのが集団予防接種を受けたことによる感染です。昭和16年〜昭和63年までに生まれた人で、子供の時に集団予防接種を受けた人はB型肝炎に感染している可能性があります。子供の時にB型肝炎ウィルスが体の中に入っても、すぐには発症しませんが感染後何年もたってから発症する場合があります。またウィルスを持っていても発症しない場合もあります。こういった集団予防接種によってB型肝炎を発症したりウィルスを保有することになった場合には、国に対して訴訟を起こすことで給付金をもらうことができます。母親が予防接種で感染し、出産時にウィルスに感染してしまった場合にも給付金をもらえます。

弁護士費用の心配は不要

訴訟する場合には、B型肝炎ウィルスに感染したのが集団予防接種の時だと証明する必要があります。その為には生まれた時の病院に資料請求したり、様々な書類を集めなくてはいけません。個人で行うのは大変なため、B型肝炎に関する訴訟を行っている弁護士事務所などに依頼した方が良いでしょう。弁護士費用に対しても給付金額の4%程度の補助が支給されるので弁護士に支払う費用の心配は必要ありません。集団予防接種でB型肝炎ウィルスに感染した人は45万人ほどいると考えられています。今は症状がなくても感染している場合があるので、条件に当てはまる人は病院で検査をしてもらった方が良いと言えます。訴訟出来るのは平成34年までと決められています。